災害に遭われ、緊急に七輪を使用される方の為に使用方法について記します。

思い通りの七輪が手に入らない場合もあるかと思いますので。その場合の流用の仕方についても記します。

七輪の種類について。

七輪の中には練炭という燃料をつかう為の特殊用途の七輪があります。

下の写真の様に円筒形をしています。

DSC_1048.jpg

DSC_0002.jpg

これが燃料の練炭です。

木炭用ではないですが、まったく木炭が使えないわけではありません。

気をつけなければならないのは火皿が無い事です。

DSC_0005-2.jpg

これが無いのでコンロの下が熱くなり易くなりますが、置く場所に格段の注意をしていただければ、木炭を使うことができます。

 木炭での使用の場合は、上についている集熱版は必要ありません。外して使用してください。

 

木炭を使用する場合は下のような上の広がった朝顔型の七輪を選択してください。

DSC_0005.jpg

角型の七輪もあります。もちろん使用できますが、初めての方が道具の揃わない状況で一番困る、炭に火をつけるという行為がやりやすいのは朝顔型の七輪です。

 

使用する場所

周りに可燃物の無い場所でつかってください。特に七輪の上と七輪を置く場所は可燃物を避けてください。

屋内では、換気が大切です。締め切った部屋では一酸化炭素中毒の危険があります。

 朝顔型七輪のページ