image.jpg

11月27日すずなり市場でパン生地ピザでの実演販売を行ったのですが、その時の温度データを公開します。

炭は今回は着火用に黒炭と長時間温度キープが出来るように備長炭タイプの成型炭を使用しました。
DOGAMA-K(向こう側スタンドに乗っている) 黒炭400g 成型炭2kg
DOGAMA-D(手前の机の上) 黒炭200g 成型炭500g

焼く時間は、8インチマルゲリータタイプでDOGAMA-K(向こう側スタンドに乗っている)が90秒、DOGAMA-D(手前の机の上)で2分程度です。
DOGAMA-Dは後半具材の多いタイプで4分、DOGAMA-Kは同じく2分程度でした。

1.5時間程度で50枚焼きました。

T1 青はDOGAMA-Kの炉内雰囲気温度、T2 赤は底板の温度、T4 水色は切り出しタイプDOGAMA-Dの炉内雰囲気温度です。

DOGAMA-Kの方は連続して焼いても温度が下がらず安定しています。
序盤波があるのは、私が扉を閉め忘れたりしているからです。
DOGAMA-Dはコンパクトを優先していますので今回のように連続して焼くとどうしても温度が下がっていきますが、改造により温度が上がりやすくなりましたので、ちょっと間を置いて炉内温度を元に戻しながらであればDOGAMA-Dで行けます。

2時間くらいすると炭の量が減り、温度が下がり始めますので炭を追加する必要があります。

20111127DOGAMAKD.jpg